*

小型無人飛行機ドローン!有効活用までには脅威となる課題も?価格、性能は?

公開日: : 最終更新日:2015/04/23 イベント、ビジネスなど, クルマ、趣味など

小型無人飛行機『ドローン』
が、何かと話題にのぼることが多くなりました。

登場した当初は、
「無人飛行機が空を飛び、荷物を自宅まで運んでくれる。そんな信じられないような世界が、近い将来、実現するかもしれない。」
と近未来的な技術開発に世界中が注目。


現在、米アマゾンなど各社が開発を競い、
世界的には、救急輸送や買い物難民対策などへの利用が想定され、
さまざまな実験が行われています。

・米グーグルは、災害で孤立した土地に、薬などを運ぶ想定で開発を進める。

・独DHLは、北海に浮かぶ小島に医薬品や救急物資を運ぶ実験に成功。

・日本では、香川県高松市から約8キロ離れた瀬戸内海の離島に20分かけて、重さ約1キロのカメラと救急セットを運ぶ実験に成功。

高松市のドローン実験

などなど、人類にとっての有効活用が検討されています。



一方で、ドローンの活用が現実味を帯びてくると、
飛行中の落下事故など安全性の課題をはじめとしてさまざまな問題も浮上し、
期待するメリットもさることながら、
不安視するデメリットも注目されるようになっています。


懸念事項としては以下のようなことが考えられます。

・カメラ搭載による撮影など個人のプライバシーの侵害

・武器や危険物質の運搬や有害物質の散布

・無人飛行機の増加による飛行機同士の衝突事故と、運搬物への保障問題

・電線などへの衝突によるライフラインへの影響

・重量物運搬のための無人飛行機の大型化

・飛行高度など一般の飛行機やヘリコプターなどへの影響

・雇用の減少

などなど、場合によっては脅威となりうるものも考えられ、
ドローン活用による利便性を得るためには、まだまだ多くの課題をクリアしなければならず、
実用までには時間がかかりそうです。



ところで、一昔前は、空撮といえば一部のプロのカメラマンたちがヘリコプターなどから撮影するもので、一般人には全く縁のないものでした。

しかし、最近では市場に安価なドローン(マルチコプター)が出回るようになり、
また、アクションカメラの普及もあって、空撮も一気に身近なものになってきました。


例えば、販売されているドローンの1つを紹介すると、

数百万画素のカメラを搭載し、
重さは100g以下、
飛行時間は7分程度で、
価格は1万円以内で購入可能です。


また、性能によっては、
スマートフォン経由で空撮の状況をリアルタイムで確認でき、
撮影した画像はマイクロSDカードに保存されるため、
パソコンでの再生も可能というもので
価格は3万円以内で購入可能。

ドローンの飛行動画についてはコチラ↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=WUpmPUcnuBY

スポンサーリンク

関連記事

第27回やつしろ全国花火競技大会で圧巻の1万2000発を楽しむには?

2014年10/18(土)に、熊本県八代市で 『第27回やつしろ全国花火競技大会』 が開

記事を読む

no image

マツダ自動車が『内閣総理大臣賞』を受賞!

『キッズデザイン賞』というのを聞いたことがありますか? キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全

記事を読む

究極の選択?レクサス1台vsマツダ2台?高級vs人馬一体?500万円対決!

最近の自動車市場は、 日本のみならず中国などでもSUVの人気が高く、 とてもよく売れています。

記事を読む

歴代の日本カーオブザイヤーのジンクスとは?マツダ・デミオは?

第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に、 マツダ『デミオ』 が選ば

記事を読む

平均寿命や健康寿命は延伸!高齢者の身体機能・認知機能も向上!でもクルマの運転能力には足りない!

最近、頻発している高齢ドライバーによる悲惨な交通事故。 人間の命の大切さには年齢は関係ありませ

記事を読む

no image

芸人も本気参戦!鳥人間コンテスト2014 最高記録を塗り替えるか!

9月3日に、感動と興奮のドラマ『鳥人間コンテスト2014』が放送されます! これは、琵琶湖を舞

記事を読む

アイスバケツチャレンジの結果は?寄付金額は?良い影響はあったのか?新薬の開発は?何より大事なALSの早期発見のポイントは?

2014年の7月末からスタートした 『アイス・バケツ・チャレンジ(IBC)』 を憶えていますか?

記事を読む

熊本の阿蘇が世界ジオパークに認定!壮大な自然を満喫できる観光スポット!

熊本県の阿蘇が『世界ジオパーク』に認定されました! 国内地域では7件目となります。 世界

記事を読む

no image

ド素人のハチミツ奮闘記4 秋のスズメバチ駆除

ひょんなことから養蜂に取り組むことになったものの、何から手をつけていいのか全然わかりません。

記事を読む

no image

ド素人のミツバチ奮闘記3 『8の字ダンス』

ミツバチが『8の字ダンス』をするって知ってますか? もちろん、養蜂とは全く縁がなく、ミツバチに

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑