*

話題の『レヴォーグ』試乗インプレッションと値引き額は?

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 クルマ、趣味など

「スポーツカー」と「ワゴン」の融合がコンセプトというスバルの『レヴォーグ』に試乗しました!

今回、試乗したモデルは「1.6GT」。

レヴォーグ

小排気量のエンジンに直噴ターボを組み合わせたもので、170馬力という十分なパワーと、JC08モードで17.4km/Lという4駆のスバルとしてはかなりの低燃費を両立しています。

これまでのスバル車の特徴を挙げれば、

①外観は、良くいえば、飽きの来ない落ち着いたデザイン。悪くいえば、目立たずパッとしないデザイン。

②こだわり続けるフルタイム4WDと、ボクサーエンジンによる低重心で安定した走り。

③自動ブレーキを備えたアイサイトによる高い安全性。

といえるでしょう。

そこで、今回の「レヴォーグ1.6GT」はどうかというと、

①外観は、立体感のあるデザインがまさに精悍といえるフロントマスクに、ワイド&ローの流麗なシルエット。

②自慢の4WDは、「新世代アクティブトルクスプリットAWD」という名前の最新式になっており、ボディはレガシーワゴンよりも全長が10cm短縮されたおかげで、もたつき感のないスムーズな加速で、今まで以上にキビキビと走る印象でした。

③最近のスバル車にはどうしても期待してしまう「アイサイト」は、ナントこのグレードにはついておらず、ホイールもアルミではなくキャップがついていて、価格は266万7600円(税込)。

さすがに「ビルシュタインダンパー」までは期待しませんが、他社は軽自動車にも自動ブレーキを導入していることを考えると正直残念といいたいですね。

とはいえ、走りと機能性を追求するスバルのDNAが随所に刻まれているクルマといっていいでしょう。

レヴォーグの詳細についてはコチラ↓↓↓
http://www.subaru.jp/levorg/levorg/

レヴォーグは、現在、スバル車のなかで一番売れているクルマということなので、レガシーワゴンが飛ぶように売れていたときのように、やはり値引き額はシビア・・・。

大体、5万~10万円くらいということで、コンパクトカー並みの値引き額です。


スポンサーリンク

関連記事

自動車市場の注目はコンパクトSUV!CGで紹介されたCX-3、ヴェゼル、キャプチャーの評価は?注目のもう1台は?

最近のクルマ事情として、コンパクトSUV市場がとても人気があるようです。 個人的にも、燃費がよ

記事を読む

no image

スウェーデンの名門サーブが破産!今後の提携先は?

スウェーデンの名門自動車メーカーであるサーブ(SAAB)が破産したというショッキングなニュース。

記事を読む

no image

どこまでも安全性を追求するボルボ!世界初の施設『AstaZero』が完成!

1927年に乗用車製造を開始したボルボは、スウェーデンを本拠とする企業グループ(自動車は現在中国企業

記事を読む

本場イタリアのミッレミリアの日本版『ラ・フェスタ・ミッレミリア 2015 』芸能人も参戦!ショパールから2015年モデルも登場!

『ミッレミリア』 クルマ好きなら一度は出場してみたいと思う、 世界一美しいと称されるクラシッ

記事を読む

海外ドラマ『刑事ジョー』に出てくるクルマも楽しみ!

9月17日(水)23:00~、海外ドラマ『刑事ジョー パリ犯罪捜査班』の第2話があります。 今

記事を読む

人気のコンパクトSUV!CX-3、ヴェゼル、キャプチャー、2008 最終的にどの1台を選択するか?決め手は?

最近の小型SUV市場の人気に乗じて、 次期買い替えの候補車に先日から試乗しています。 こ

記事を読む

no image

マツダ自動車が『内閣総理大臣賞』を受賞!

『キッズデザイン賞』というのを聞いたことがありますか? キッズデザイン賞とは、子どもたちの安全

記事を読む

新型デミオをライバル車フィット、ヴィッツと比較してみました!

マツダは、7年ぶりにフルモデルチェンジした「デミオ」の販売を9月26日から開始します。

記事を読む

ヤマハから異次元の3輪乗り物トリシティが出た!

スタイルも乗り心地も新しいと評判なのは、ヤマハ発動機の『トリシティ』という乗り物。 斬新なデザ

記事を読む

新型NSX ライバル車もハイブリッド・ハイパワー・低燃費のスーパーカー

いよいよホンダは、10年ぶりに、 高級車ブランド「アキュラ」のスーパーカー『NSX』 の量産モデ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑