*

統合失調症の簡易診断に頭皮の毛根細胞を活用して早期発見・早期治療が可能に!FABP4とは?

公開日: : 美容、健康、その他

『統合失調症』という病気をご存じですか?

2002年までは、精神分裂病(せいしんぶんれつびょう)と呼ばれていました。


統合失調症は、
脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患ですが、
発症のメカニズムや根本的な原因は解明されていません。

症状としては、
幻覚や妄想、興奮などの激しい症状のほかに、
意欲の低下や感情の起伏の喪失、
引きこもりなど、多彩な精神症状があります。


これまで私たちは、
統合失調症を「ごく稀にみる特殊な病気」
といった印象を持っていたのではないでしょうか?

ところが、世界各国で行われたさまざまな調査により、
統合失調症の出現頻度は地域や文化による差があまりなく、
およそ100人に1人はかかった体験をもっていることがわかりました。

これは、統合失調症が奇病の類ではなく、
誰しもが体験しうるような病気のひとつであるということです。


この意外に身近な病気について、
理化学研究所脳科学総合研究センターが、ある研究結果を発表しました。

「頭皮の毛根細胞における脂肪酸結合蛋白質4遺伝子(FABP4)の発現が、統合失調症のバイオマーカーとして有効である可能性がある」
というのです。


この研究の優れた点は、
サンプル採取が容易な頭皮の毛根細胞を用いていることです。

統合失調症患者群52人、対照(健康人)群62人を対象にしたこの研究で、
脳のみで発現していると考えられていた遺伝子の多くが、
毛根細胞でも発現していることが確認され、
毛根細胞が脳内の遺伝子発現の状況を反映している可能性があることがわかりました。


そして、統合失調症患者群のFABP4の発現量が、
対照群に比べて約40%低下していたことが判明しました。


さらに、FABP4の発現量の低下は、
年齢、性、体重、食後時間、BMIなど
に影響されないことも明らかになりました。


これにより、毛根細胞におけるFABP4の発現が、
統合失調症のバイオマーカーとして一定の意義があることが示めされたことから、
今後、統合失調症の少なくとも特定の群の早期発見・早期治療に役立つことが期待できます。


また、FABP4は、
これまで代謝性疾患との関連で注目されてきましたが、
今回初めて精神疾患との関連が明らかになったことも、
とても大きな意義があるのではないでしょうか。


スポーツで、職場で、学校で『メンタルの強い人』になる!についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/941.html

「やる気」や「モチベーション」を引き出すコツについてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/936.html

認知症に効果のある物質『プラズマローゲン』についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/850.html

うつ病の代替療法ホメオパシーやヨーガについてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/794.html

OECDも注目する『心の病』による経済損失についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/736.html

男性更年期障害『LOH症候群』についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/727.html

日本人の13人に1人が患う「うつ病」のセルフチェックについてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/451.html

『ナイスガイ・シンドローム』はどんな人がなりやすいか?についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/413.html

『ナイスガイ・シンドローム』の克服方法についてはコチラ↓↓↓
http://challenge-tt.xsrv.jp/415.html

スポンサーリンク

関連記事

座っている時間が長いと体に悪い?がん、糖尿病、心臓病のリスクが高い?デスクワークが多い人の対策は?

やはり、「座っている時間が長いと体に良くない?」というのは、 どうやら本当のようですね。 以

記事を読む

世界で大注目の『SDGs』!達成するために必要なことは?世界を動かすためには?

今、世界中で大注目されている『SDGs』をご存知でしょうか? SDGsとは、Sustainab

記事を読む

認知症をよく理解するための9大法則1原則とは?パーソンセンタードケア?認知症介護の現実は?

認知症の患者数は、日本全国で2012年の約462万人から、 2025年には700万人超(65歳以上

記事を読む

日本のがん生存率は胃がんや肺がんで高く白血病で低い

日本のがん生存率の高さが明らかになりました! これは、1995年~2009年の世界67カ国のが

記事を読む

朝食は流行のエッグスラット、ベネディクトか定番のパンケーキ、フレンチトーストか

『エッグスラット』とは、 ガラス瓶の中にハーブやスパイスなどで味付けをしたピュレ状のジャガイモを詰

記事を読む

アイスバケツチャレンジの結果は?寄付金額は?良い影響はあったのか?新薬の開発は?何より大事なALSの早期発見のポイントは?

2014年の7月末からスタートした 『アイス・バケツ・チャレンジ(IBC)』 を憶えていますか?

記事を読む

高齢社会の日本は問題山積!必要不可欠な高齢者支援は?親切・丁寧な対応にビジネスチャンスも?

高齢社会で世界の先頭を走る日本では、 あらゆる面において高齢者への対応 は必須となっています。

記事を読む

no image

急速に高齢化が進む日本!あなたの老化度はどの程度?

日本全国の100歳以上の高齢者が、ナント過去最多の5万8820人に上ることが、厚生労働省の調査でわか

記事を読む

ノルディックウォーキングと普通のウォーキングとの違いは?有酸素運動、筋力アップ、ダイエット効果が気軽にできる!

少しずつ暖かさを感じる季節になり、屋外での活動が心地よくなってきました。 これまでの寒い時期に

記事を読む

薄毛や抜け毛など髪の悩みは深刻な問題!大切なヘアサイクルとは?頭皮の老化度チェックを

以前は中高年の男性に多かった髪の悩み(薄毛、抜け毛、ボリューム不足・・・など)が、 現在では若い世

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑