*

「 クルマ、趣味など 」 一覧

使い勝手のよい小型SUV対決マツダCX-3vsホンダヴェゼル

今もっとも注目しているクルマがあります。 『マツダCX-3』 です。 クリーンディーゼルで大ヒットしたCX-5の小型SUVという位置づけで、 新型デミオをベースに開発されて

続きを見る

小型普通自動車を凌駕する軽自動車選びハスラーとムーヴカスタム

若者の自動車離れが叫ばれる中、燃費がよく、諸費用も安い軽自動車の市場は急拡大し、今や新車販売の約4割を占めています。 その軽自動車の中でも、特に注目を集めているのがスズキ「ハスラー」。

続きを見る

スパイカー経営破綻!オランダのクルマ事情は?

オランダの高級スポーツカーメーカーの『スパイカー』 が経営破綻したというニュースは、クルマ好きには残念ですね。 1999年に設立されたスパイカー(Spyker)では、マシンはハンドメイドで組立て

続きを見る

塩水で走る自動車をスイスとスウェーデンの企業が共同開発!

スイスのベンチャー企業、Nanoflowcell(ナノフローセル)社が開発、発表した『Quant e-Sportlimousine(クアントeスポーツリムジン)』は、ナント「塩水」で走るEV(電気自動

続きを見る

レクサスRCは欧州車を超える国産スポーツクーペとなるか?

レクサスが、新型スポーツクーペ「RC」を発売しました! レクサスRCについて詳しくはこちら↓↓↓ http://lexus.jp/models/rc/ RCは、クーペ専用モデルという

続きを見る

歴代の日本カーオブザイヤーのジンクスとは?マツダ・デミオは?

第35回2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に、 マツダ『デミオ』 が選ばれました。 JCOTYでは38台のノミネート車の中から、一次選考で上位10台に絞り、最

続きを見る

BMW2シリーズアクティブ ツアラーは永遠のライバルベンツBクラスに勝てるか?

BMWが『2シリーズ アクティブ ツアラー』を発表しました。 このモデルはBMW初の前輪駆動を採用し、ファミリーユースをターゲットとしているようですが、ボディの大きさや形からみると、間違いなくメ

続きを見る

高品質な日本の中古車両キハ38はミャンマーで活躍中!

かつて、千葉県木更津市の木更津駅から君津市の上総亀山駅までを結ぶ、JR久留里線を運行した『車両キハ38』5両が、8月から東南アジアのミャンマーの国鉄で“第二の人生”をスタートさせていたことが判明しまし

続きを見る

ヤマハから異次元の3輪乗り物トリシティが出た!

スタイルも乗り心地も新しいと評判なのは、ヤマハ発動機の『トリシティ』という乗り物。 斬新なデザインに加え、2輪でも3輪でもない異次元の乗り心地といわれると、どうしても気になってしまいます。

続きを見る

九州観光の人気トップ10のオイシイ回り方(熊本編)

そろそろ秋を迎え、旅行シーズンになりますね。 7つ星列車が走る九州は人気がありますが、九州観光人気ランキングのトップ10を見てみると、以下のようになっています。 1位 熊本城(熊本) 2

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

心が温まる映画はコレ!『観客賞』総ナメで一見の価値大!

『しあわせの絵の具』 監督 アシュリング・ウォ

2020東京オリンピック目前!オリンピックの奇跡&感動エピソード

2020東京オリンピックを来年に控え、マラソンの開催地問題で別の盛り

2018バレーボール世界選手権は男女とも「予想通りの結果」?全日本男子の監督は早々に更迭!次期監督候補はアノ人か?

2018バレーボール世界選手権は、 「予想通りの結果」となりまし

中高年の男性は要注意!『LOH症候群』とは?その対策は・・・?

加齢による多様な身体の変化やストレスにより、 男性にも『更年期障

日本相撲協会は時代遅れの産物!大切な国技を守るため協会幹部全員を総入れ替えしよう!

このところ、立て続けに不祥事や問題を引き起こしている『日本相撲協会』。

→もっと見る

PAGE TOP ↑